興和工業の生産品

興和工業は裁断から縫製・出荷までの一貫生産が可能!国内の自動車シートカバーメーカーとして常に安定した生産を誇っております。

■ 自動車シートカバー・アームレストカバー
■ その他縫製品、アッセンブリー品の製造

自動車シートカバー製造の工程例

自動車カバー製造の流れ

① 試作~量産準備

① 試作~量産準備

③ 裁断

③ 裁断

④ 縫製

④ 縫製

⑤ 検査

⑤ 検査

① 試作~量産準備 製品を量産する為に必要な資料の作成、作業者教育などを行います。
② 生産計画・材料調達 システムを活用し、生産計画の立案・材料手配などを行います。
③ 裁断 自動延反機・自動裁断機を使用し、生地を高精度で裁断します。
④ 縫製 技能を有するスタッフが、多くの生地を縫い合わせ製品に仕上げて行きます。
⑤ 検査 一つ一つ確実に品質のチェックを行います。
⑥ 出荷 お客様のニーズに合わせ、製品をお届けします。

興和工業の部門紹介

【管理部門】… 生産技術、生産管理、品質保証、営業
【製造部門】… 製造、製品管理(在庫・出荷 など)

■ 生産技術部門

自動車用のシートについては、車種によって様々な意匠形状(デザイン)が存在します。
お客様より提示される図面に対して試作を行い、狙い通りの製品を造り上げる事が主な業務です。

具体的には、
シートカバーの製造過程と生産技術課との業務関係は以下に分類されます。
①型組み(裁断CAD)・裁断(裁断CAM)
・専用CADを使用して裁断データを作製後 自動裁断機にて裁断します。
②試作縫製(ミシン作業)
・試作縫製を行い、縫製作業性の確認と問題点の摘出、および対策方法の立案をします。
③縫製作業要領書の作成(社内標準資料作成)
・縫製基準・手順書の作成をします。
生産技術部門はお客様との調整を行いながら、社内製造部門とのパイプ役となり、高品質の製品を造るための活動をしています。

■ 製造部門

製造部門では、生産計画に基づき「所定の品質、価格、数量の製品を所定の期日までに、最も経済的につくること」が役割となります。

具体的には、
①自動車シートのピース(部品)を裁断
裁断工程では主に自動裁断機と呼ばれる機械を使って、自動車のシートを縫製するためのピース(部品)を切り出します。興和工業の中では、一番大きな機械を操る部署となります。材料の準備から自動裁断機の操作まで、バーコードで情報を読み取り、マニュアルに従って作業をすることで、ピース(部品)が出来上がります。
②ピース(部品)を縫製し、自動車シートを作成
縫製工程では、工業用ミシンを使って、ピース(部品)を縫い合わせて、自動車のシートの形にしていきます。現在の技術では機械だけで自動車シートを作り上げるのは難しく、人の技術に頼った作業になります。技術を習得して一人で自動車シートを完成できるようになった時の達成感は格別です。

■ 品質保証部門

品質保証の仕事とは、興和工業の製品全ての品質を保証する為活動する事です。不具合に対して“なぜ”を繰り返し、真因を追究し対策を立てます。また、生産に対する“ムリ、ムダ、ムラ”に対して“なぜ”を繰り返し、改善策を考えています。品質を通して会社全体の利益に貢献する仕事です。

具体的には、
品質計画を立案の上、各製造部及び協力会社へ展開し、「品質が工程内で作り込まれる」ような体制、仕組みを作り上げる事です。

主な保有設備

【ミシン】

■ 総合送り ■ 上下送り ■ ポスト ■ スーパーシーム ■ ギャザー ■ オーバーロック ■ 自動機

【CAD】

■ 2D CAD ■ 3D CAD[CATIA]

【その他】

■ 自動裁断機 ■ 自動延反機 ■ 高周波ウェルダー ■ ロールコーター ■ 熱風テーピング機